BAが教える上手なコスメの使い方とメイク方法

ビューティーアドバイザー

スポンサーリンク

化粧水

IPSA MEエクストラの上手な使い方とニキビ跡ケア

更新日:

IPSA MEエクストラで肌トーンUP!

IPSA MEエクストラが私のお気に入りコスメ・・・
6,500円(税抜)

現在の肌の状態は、メイクが落としきれておらず角層が溜まっていてキメもっと荒かったです。

角層に関してはレベル1でした。最低の値で店頭では平然を装いましたが衝撃でした。

また、ずっとオイリー肌だと思っていたのに乾燥肌ということも分かり、潤いをプラスして肌のトーンアップが期待でき、ニキビが出来にくい肌づくりが出来るということだったのでそこに期待しました。

IPSA MEエクストラを使ってみて・・・

化粧水や美容液も一緒に同時購入しましたが、1番この乳液を使った瞬間が潤いを感じます。

IPSA MEエクストラは毎日朝と夜に使っています。

洗顔後はどんどん乾燥していく一方だと聞いたので、お風呂上がりや朝の洗顔後はなるべくすぐに化粧水をつけます。

IPSAでコットンも購入し、化粧水も乳液もコットンを使います。

IPSAのコットンはシルクの繊維?が含まれているそうで、それで肌を撫でるだけでキメが整うそうです。

乳液をコットンに着けるのは変な感じがするかもしれませんが、コットンでたっぷり着けてくださいと言われました。

言われた通り、やっぱり他のコットンとは違う気がします。

サラサラした感覚でとても気持ちがいいです。

IPSA MEエクストラの使い方

朝は今まで水でしか洗顔していませんでしたが、IPSAで購入した洗顔料を使って洗い、夜と同じようにスキンケアをしてメイクをします。

今までと比べてスキンケアにかける時間が倍くらいになりましたが、全然億劫ではないです。

むしろちゃんと効果が見られるのでスキンケアがとても楽しいです。

気になっていた肌の凹凸(キメの粗さ?ニキビが跡ではないが肌の表面がポツポツした感じ)がなくなりました!!

毎日肌を見るのが楽しみですし、こういうところにお金と時間をかけてる自分、女子だな〜( ̄▽ ̄)って思います(笑)

恐らく他の女の子たちは当たり前にしていることだと思いますが…(笑)

IPSA MEエクストラのおすすめポイントは?

IPSAのMEシリーズはたくさん種類があります。

その場で肌診断をしてくれるので、自分の肌タイプをしっかり把握してそれに合ったものが手に入るのでオススメです!

私のように自分の肌タイプを勘違いして、その状態で誤ったものを購入しなくて済むと思います。

肌が改善されたら、また肌診断に行ってさらに綺麗な肌になるものを提供してくれるので楽しみが尽きないです!

そしてパッケージもシンプルでオシャレな感じがして気分が上がります。

IPSA MEエクストラは決して安くはありませんがしっかり効果が出るのでオススメです。

おもち 社会人 23歳

BA華がIPSA MEエクストラの上手な使い方とニキビ跡ケアをアドバイス

IPSA MEエクストラ

・IPSA MEエクストラは潤い成分いっぱいの成分で、ハリや透明感がUPして、肌がワントーンあがる

イプサ エクストラは、とてもおススメの商品です☆

カサつきシミソバカスが気になりだした人は、一度お試しください。

トラネキサム酸の配合で、美白、潤い、シミ、ソバカスの生成、
  ん保湿の効果が期待され美しい肌へ。

ニキビ痕の原因

・ニキビを何度も、潰してしまうと、炎症をおこして、になって

しまいます。

・肌の奥深いところまで炎症が広がってしまいになってしまうの

です。

赤みのあるニキビ跡

・炎症を抑えることにより、改善されていきます!

・トラネキサム酸は、ニキビや、ニキビ跡に良いので、改善していきますよ。

おススメ

・なるべくなら、イプサシリーズで揃えると、イイと思います。

MEは

・化粧水、乳液を一体化した化粧液のことです。

・乾燥肌や敏感肌の人に向いてます。

・ただ、自分の肌質を誤解している場合もあるので、肌診断は、とても人気なので、週末に行かれる場合は、問合せをしてから

・予約をして、是非、毎回チェックしてもらうとイイですよ

・カウンセリング待ちも多いほどの人気なので、機会があれば、是非チェックしてみてくださいね。

・夏でもクーラーなどにより肌が乾燥してることも多いので化粧水は、たっぷりとコットンにつけて保湿し

てくださいね。

★イプサのコットンシルク繊維は、一度使うと使い続けるリピーターさんも多いですよ。

スポンサーリンク

-化粧水
-, ,

Copyright© ビューティーアドバイザー , 2021 All Rights Reserved Powered by STINGER.